前へ
次へ

東京の賃貸マンションが高い理由と抑える方法

東京都は物価のみならず、賃貸マンションの家賃も高い傾向にあります。東京の1ヶ月の家賃相場は1Kでは約8万円で、都道府県の中では最も高いと言われています。東京は人口の多さや土地代の高さ、土地の狭さから、居住希望者が多く場所の取り合いになりやすいため、競争率が高くなり、それによって賃貸マンションの家賃も高くなります。また、賃貸契約をする時でも初期費用などがかかるため、住むための費用がかさみます。しかし、東京都でも家賃が安い所もあるので、そこに住めば家賃を抑えられます。東京で家賃が安い所は葛飾区やあきる野市、青梅市です。葛飾区は下町の雰囲気が残る地域であるため、家賃は5万から6万と低いです。あきる野市は八王子市の北に位置する所で自然が残っており、都内へ通勤するのに1時間以上かかりますが、約4万5千円から約5万円と安いです。青梅市は山地や丘陵地があり、鉄道はJR線のみですが、家賃はワンルームで安い所では約3万3千円で、1LDKでは約5万円と家賃が低めです。安い物件はサイトなどで調べれば安い所が見つかるでしょう。

Page Top